クレジットカード比較

クレジットカードとは

クレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段のひとつです。
多くのクレジットカードには契約者の名前や固有の番号など記載されたカード型の証票となっており、磁気ストライプによるものとICによるものがあります。

クレジットカード会社が、会員に信用=「credit」を供与するという意味で「クレジット」と名付けられています。

クレジットカード…学生カードについて

通常、クレジットカードは定職についた成人に発行されますが、「学生カード」というのもあります。
学生カードとは、18歳以上の学生(大学生や専門学校生、大学院生など)向けに発行されるカードです。
JALカードnavi(25歳未満)や学生専用ライフカード(25歳以下)、
OMCキャンパルカード(28歳以下)など、入会の際に年齢制限が課せられるものもあります。
年会費はほとんど無料で、あったとしてもかなり定額。
そして、利用限度額も低く設定されています(だいたい5万円〜30万円)。
そのわりに、保険等のサービスが一般カードより充実しているカードもあって、「お買い得感」があります。

その学生が卒業・就職すると、審査の上、社会人向けの一般カードに切り替わるものがほとんど。
カード会社にとっては、そのための「囲い込み」が学生カードとも見られます。
学生が将来の優良顧客になることを期待して発行しているというわけです。

学生は、本来は定職がなく、収入も少ないか「ない」のが普通。
だから、与信審査ではねられるべき属性の人たちであります。

では、なぜ発行される?

それは、両親の信用で発行されているというのが実態。
しかし、その信用情報はわざわざ参照されていないようです。
つまり、少なくとも子供を教育機関に通わせることが出来るだけの余裕がある、と見なされるから、のようです。

契約者が未成年の場合は親権者の承諾が必要です。
成人であっても親について記入させられることが少なくありません。
ほとんどの場合、申込書に学生証のコピーの添付が必要です。

大学生協の組合員証(Tuoカード)やCOPAカード、学生証と一体化したクレジットカードは「学生」ならでは。
特段の事情がない限り在学期間中持つことになるようなものもあります。
学生証一体型は、eLIO、Smartplus、セーフティパスなどのICカードを搭載し、施設への入退室や出席の管理、学内の食堂・売店などで扱える独自のクレジットや電子マネー機能を搭載したものもあります。

クレジットカード比較リンク

映画賞